家具道具室内史学会 会長挨拶
 
 家具道具室内史学会とは、家具・室内意匠と生活道具の歴史を研究することを目的とする学会のことです。

 この分野は、家具・建築史、民俗・考古学はもちろん、文献史、美術史、技術史、社会史、文化史をはじめとしてさまざまな方向からの取り組みが可能ですし、大きな成果が上がると考えられる、あたらしい、これからの学問研究の分野です。


  家具道具室内史学会 会長 小泉和子

 


   
学会からのお知らせ

 

 

◆連続講座「火鉢を囲んで建築の歴史」(昭和のくらし博物館と共催)全4回

 

 

日 時 ・ 内 容 ・ 講 師
2018年2月10日(土)
「私の家(清家清自邸)」と「私たちの家」
講師:八木幸二(京都女子大学教授)・ゆり夫人

 

2018年2月17日(土)
「近世までの権力者のインテリアと迎賓館赤坂離宮(旧東宮御所)」
講師:川本重雄(近畿大学特任教授)

 

2018年3月10日(土)
「天守と櫓(やぐら)と城門の話」
講師:三浦正幸(広島大学大学院文学研究科教授)

 

2018年3月17日(土)
「赤坂離宮の戦前のおもてなし-大正11年の英国皇太子接遇を中心に-」
講師:平賀あまな(東京工業大学特任准教授・元内閣府迎賓館上席政策調査員)

 

会 場
鵜の木特別出張所( 昭和のくらし博物館より徒歩すぐ)
※開場前は昭和のくらし博物館で受付します。

 

時 間
各講座とも午後 13:30 ~ 15:30(開場13:00)

 

定 員
40名(要予約・2018 年1 月17 日(水)より受付開始)

 

受講料
全4回 4,500 円 / 会員※ 3,600 円
 1 回 1,500 円 / 会員※ 1,200 円
(受講者は昭和のくらし博物館の入館料が無料になります)

※会員:家具道具室内史学会会員・昭和のくらし博物館協力会員・昭和のくらし博物館友の会会員。

 

懇親会
午後 15:30 ~・希望者のみ・会費1,000 円

 

定 員
各回20名(先着順・ご希望の方は事前にお申し込みください)

 

主 催
家具道具室内史学会・昭和のくらし博物館

 

お申込・お問合せ先
家具道具室内史学会 事務局
電話  090-8517-4820(火~金 9 ~ 18時)
メール mail[@]jpshift2008.org
※ [@]を半角英数文字の「@」に置き換えてください。

 

昭和のくらし博物館

http://www.showanokurashi.com/

  


 

◆家具道具室内史学会 公式 Facebook 開設

 

本学会の活動をできるだけ迅速にご報告するため、また、皆様の情報交換の場とするために、

 

家具道具室内史学会 公式 Facebook を開設いたしました。

 

公式ホームページ共々、ご活用のほど、どうぞよろしくお願いいたします。

 


 

◆入会者募集

 

ご入会者に学会誌『家具道具室内史』創刊号を差し上げます。

 


 

◆学会誌バックナンバー値下げ

 

学会誌『家具道具室内史』第1号(創刊号)~第3号の価格を改定しました。

 


 

◆2017年度会員更新手続き(年会費納入)のお願い
 
会員の皆さまにおかれましては、日ごろより家具道具室内史学会の活動にご理解とご協力を賜り、心より感謝申し上げます。


2017年度会員更新手続き(年会費納入)がお済ではない方は、手続きをお願い申し上げます。
 
<年会費>
正会員7000円
学生会員5000円
賛助会員10000円(2口以上)

 

<更新方法>
下記振替口座へ年会費をお振込みください。振込が確認できましたら、更新手続き完了のお知らせを事務局より送付いたします。 

 

郵便振替
 口座番号: 00130-6-762738
 口座名称: 家具道具室内史学会

銀行振込
 銀行名:  ゆうちょ銀行
 支店名:  〇一九(ゼロイチキュウ)店
 口座番号: 当座 0762738
 口座名称: 家具道具室内史学会

 

ご連絡先など、ご登録内容に変更がある場合は、Email にてお知らせいただくようにお願い申し上げます。

 

会費

 


  

このページの先頭へ